厚紙散歩

集めた硬券入場券をアップします

鹿児島本線 上伊集院

平成5年3月8日に現地で購入しました。
kiji01
kiji02

この日は遠くてなかなか行くことのできない鹿児島県内を、朝の列車本数の多い時間帯に効率よく収集していきました。

一緒に初乗り運賃区間の硬券乗車券も購入しました。
kiji03
kiji04
オーソドックスな金額式のB型券です。




静岡鉄道 新清水

一昨日の平成29年5月10日に現地で購入しました。
ssmz01
ssmz02

ご覧の通り、日付印字は裏の入鋏印のみでした。

新静岡駅は有人改札での発売でしたが、新清水駅は出札窓口での発売でした。
ssmz11
出札窓口の営業時間は7:30~19:00です。

静岡鉄道 新静岡

今朝、現地で購入しました。
sszo01
sszo02
独特な様式です。
そして押印類の位置と向きも独特です


今朝は、7時30分の窓口営業開始時間に合わせて新静岡駅に行きました。
sszo11
シャッターが開くと同時に窓口へ行くと、硬券入場券は改札での購入を案内されました。
よって硬券入場券は窓口営業時間外でも購入可能です。

改札で硬券入場券を買った後は7時33分発の急行に乗りました。
sszo12
この電車で草薙駅へ行き、硬券入場券の有無を確認してきました。
結果は事前情報通りで、草薙駅には常備硬券入場券はありません。


名鉄揖斐線 忠節

平成11年1月18日に現地で購入しました。
cyus01
cyus02

この入場券を買った後は、揖斐線と谷汲線を乗りつぶし乗車しました。

忠節→黒野→本揖斐→黒野→谷汲と乗車し、谷汲駅で購入した硬券乗車券です。
cyus03
cyus04
当時の谷汲駅は無人駅で、硬券入場券はありませんでした。
この硬券乗車券は売店で委託販売していました。

翌々年の路線廃止の直前には硬券入場券の販売があったようで、ネットオークションで見掛けます。

予讃線 高松

平成5年11月16日に現地で購入しました。
tkmt01
tkmt02
青いインクのダッチングは、経年で薄くなってしまいました。

重複駅名の識別記号は、カッコではなく〇で「讃」の字を囲っています。
この、国鉄時代からの独特の表記は、この頃に発売されていた電車特急デビュー記念の軟券入場券などでも見られました。
最近の記念入場券では、宇野線・宇高連絡線開業100周年記念のB型硬券は識別記号無し、駅開業120周年記念入場券、さぬきうどん駅入場券などの軟券では、通常の(讃)表記となっています。


鉄道コム
記事検索
メッセ-ジ
最新コメント


c2011-2013厚紙散歩・haruka f