厚紙散歩

集めた硬券入場券をアップします

近鉄橿原線 八木西口

平成23年10月8日に現地で購入しました。
yaginishi
八木西口駅へは平成一桁の頃にも行きました。

八木西口駅は、大和八木駅と同一駅扱い(大和八木駅構内の一部)で、
出札も大和八木駅01番窓口の扱いなので八木西口駅としての入場券は無かったのですが、
平成17年に八木西口駅としての硬券入場券が設置されました。

同一駅だから
この入場券で大和八木駅まで行けそうな気もしますが、券面の
「車内に立入ることはできません」の文字が立ちはだかります

八木西口でこの入場券を買って
歩いて大和八木まで行って、大和八木駅の入場券として使えるのか気になります

小田急小田原線 座間

平成6年6月6日に現地で購入しました。
zama
当時の小田急は普段から硬券入場券を売っていたので「6並び」に拘る必要は無かったのですが、
この日は入場券集めの朋友が車を出してくれる事になったので、
数名であちこち周りました。


入場券集めは単独行動が多いですが
連れがいるのも楽しいです。

飯田線 鼎

平成元年9月4日に現地で購入しました。
kanae1







「叶える」と掛けて縁起のよい駅名として入場券を売っていました。

券面に下の画像のような赤い印を入れるサービスもありました。
kanae2

空振りッ 近鉄田原本線

平成23年10月8日に近鉄田原本線を周りました。

事前情報では中間駅6駅のうち、
17時までの時間帯配置駅が4駅と、
11時から15時の間が駅員不在の駅が1駅あったので、
全駅で入手できる時間を見計らって出掛けました。

西田原本方向から攻めたので、中間駅の一駅目は
黒田駅です。
kuroda

























kuroda2











10月1日の無人化で、私の訪問は10月8日

この世に神などいません


気休めに改札にあった軟券の乗車票をポケットへ‥
jousya












次の箸尾駅も撃沈
乗車票は黒田と違う様式でした。

黒田は「発行日共2日有効」
箸尾は「発行日から翌日10時までに乗車する場合に有効」
って

どちらにせよ、この乗車票を置くために、これら無人駅に社員がマメに立ち寄ってる事が伺えます。




そして次の但馬駅で、その社員と遭遇しました。



社員氏は自動券売機の締切作業のために各駅を周っている様子で、
「田原本線は途中の駅は全て無人駅になりました」とハッキリ言いました
tajima























秋晴れの中、周辺の用水路にはメダカも泳いで散策には申し分ない田原本線訪問でしたが、
中間駅全滅‥しかも無人化から1週間しか経っていないとあって
ちょっとむなしい散歩になりました。

近鉄南大阪線 二上神社口

平成23年10月8日に現地で購入しました。
jinjaguchi








オフセット印刷になったばかりのようで、
券番は0045でした。


電車の待ち時間にウロウロするのに
景色にも天気にも恵まれた
よい旅でした。
jinja


鉄道コム
記事検索
メッセ-ジ
最新コメント


c2011-2013厚紙散歩・haruka f