厚紙散歩

集めた硬券入場券をアップします

上田電鉄 上田

先日、上田駅に行ってきました。
購入は平成23年9月13日です。
ueda
出札窓口ではD型サイズの記念入場券を2種類紹介されましたが、
「いや、普通のください」と、B型のこの券だけ買いました。

私はD型券の蒐集熱がとても低いです。
  

別所線は平成2年に初めて乗車しました。
その際に下之郷と別所温泉の入場券は購入しています。
当時の上田はJRとの共同使用駅で
入場券はJR様式のみだったと思います。

今回購入した入場券は21年前の平成2年に買った下之郷・別所温泉の入場券と並べると全く同じ様式です。
違う様式の時期もあったようで、ネットで検索すると他人様のブログで出てきます。

予讃線 伊予大洲

平成5年11月19日に購入しました。
iyooozu







四国はなかなか旅する機会がなく
入場券集めはJR6社で最後になりました。
入手前は、券面は西日本か九州と似てるだろうと勝手に想像していたので
初めて手に取った時は意表を突かれました。

このデザイン、好きです。

篠ノ井線 姨捨

昨日、姨捨駅に行ってきました。
obasute1








姨捨駅は無人駅ですが、駅舎の改装を記念して期間限定で観光スタッフが
硬券入場券を発売しています。
天虎式日付印字器も用意されていて気合が感じられます。

スタッフの配置は9時~15時だそうです。

11月30日までの限定発売です。限定の発売枚数は知りませんが、底なしではないでしょうから
欲しい方はお早めに。
obasute2
7月24日からの発売で券番はご覧の通りです。


obasute
台紙付きです。

久々に姨捨駅へ行きましたが変らず素晴らしい景色でした。
昨日は天気が良くて思わず絶景の方向へ歩き出しました。

棚田の斜面を降りて千曲川を渡って

しなの鉄道の屋代駅まで1時間ちょっとで歩けました。

京福電鉄永平寺線 永平寺

えちぜん鉄道へ引き継がれずに廃止になった永平寺線の終着駅です。
平成4年8月5日に行きました。
eiheiji








光沢のある券面に黄色い京福電鉄の社紋が地紋になったきっぷです。
赤い線も入ってコレクションアルバムの中で見栄えがします。

このとき周った他の京福電鉄福井支社の入場券は地紋なしのモノクロ印刷でした。
私の手持ちでは永平寺駅だけの様式です。


このきっぷ、画像でもわかりますが左右の高さが違います
定規で測ると左が26.5㎜、右が25.5㎜で、1ミリも差があります。

ちなみにJRでは硬券式B型は高さが25㎜と規定されています。

中央線 相模湖

駅開業110周年記念の入場券です。
隣の上野原駅の開業110周年記念の入場券と同日の購入です。
上野原の記事で書いた通り、ダッチングによる日付は110周年の8月1日となっていますが
発売は8月6日~14日です。購入は平成23年8月9日です。
sagamiko








上野原の記事では大人用B型券の画像を使ったのでこちらは小児用B型券を貼ります。

購入の経緯は上野原駅と同じです。
画像の小人B型券の他に大人のB型券1枚とD型券2種類×大・小で4枚に旧駅名の与瀬駅のレプリカ券が1枚付いた7枚セットでの販売でした。
yose
おまけに付いてる相模湖駅の旧駅名:与瀬駅のレプリカ入場券です。
「複製券ですので実際にはご利用いただけません」が
レプリカの証ですね。
日付の印字は菅沼式が良かった


鉄道コム
記事検索
メッセ-ジ
最新コメント


c2011-2013厚紙散歩・haruka f