厚紙散歩

集めた硬券入場券をアップします

ダッチングマシングッズを買いに

関東交通印刷の公式サイトに、天虎工業とライセンス契約を結んでグッズを販売しているとあります。
01
販売している神保町の書泉グランデに行ってきました。
向かいに建つ石井スポーツ登山本店には時々行くのですが、書泉グランデは24年ぶりです。

それでは
02
購入品の紹介です。

ダッチングマシンの段ボール箱です。
03
取扱説明書とカタログも同封されています。

背面のあて紙は、硬券用の板紙です。
04
私のコレクションの中で最も大きい硬券となりました。

このセットが税抜きで3500円。
高いなぁ、と思いながら買うつもりもなく見ていたら、だんだんと欲しくなってしまいました

2点目はダッチングマシン用シールです。
05
私が購入したのは1500円のシールです。
表面に光沢のある2000円のシールも売っていました。

そして見ただけですが、本物のメーカー在庫品も売っていました。
06
30部限定品で価格は税抜5000円。
他の天虎グッズとは別にガラスケースに収納されていました。

我が家のダッチングマシンのメーカーシールの状況です。
07
貼り替えはしません。
買ってきたシールは何か他に使います。

3点目は、日付変更レンチです。
08
これ、ずっと欲しかったんです。
何年か前に関東交通印刷で少量生産していることを知り、メールで問い合わせたのですが、返事が来なかったので諦めていました。

4点目はダッチングマシン用補充インクです。
09
インクまで天虎ブランドにこだわる必要はないのですが、
なんとなく買ってしまいました。

5点目はフェルトです。
10
この小さなフェルトが1200円
購入するか悩みました。

我が家のダッチングマシンはフェルトが欠損しいて、手芸用で代用しています。
11
問題なく使用できますが、専用のフェルトを見て交換したくなりました。


他に、日付を補完する、回転リングに貼り付けるタイプの日付パーツが売られていました。
これこそダッチングマシン所有者が望むグッズと思い、手に取ってじっくり観察しましたが、
回転リングは純正の状態を保ちたいので購入はしませんでした。
Facebookを見ると関東交通印刷は回転リング自体の発売を目指しているようです。

回転リングに手を加えない代わりに、現在の和暦印字はこちらで楽しみます。
12
ダッチングマシンフォントの回転ゴム印です。
天虎タイプ・関西タイプ・台湾タイプの3種があり、私は天虎タイプを購入しました。


そして印字を楽しむための無地硬券も購入しました。
13
私は西武線沿線で育ったので、乗車券として馴染みのある緑地のB型券と、特急券として馴染みのある黄色地のA型券を購入しました。

以上、合計で
14
この値段です。

我が家のダッチングマシンは、ピリオドの印字が欠けているので、ピリオド印字用の金属パーツも欲しいです。
製品化を期待します。

大阪環状線 西九条

平成10年10月10日に現地で購入しました。
nkjo01
nkjo02

JR西日本が「硬券タイプ」と称するB型券です。
10並びの日付の記念発売に合わせて大阪へ行き、切符集めの友人と合流して
環状線の駅を一緒に周って購入しました。

西武国分寺線 鷹の台

平成2年2月22日に現地で購入しました。
tknd01
tknd02
2並びの日付に合わせて記念発売された常備券です。

地域名を冠した同音駅名の、練馬高野台駅の硬券入場券は持っていません。
この当時は練馬高野台駅は未開業でした。

近鉄南大阪線 大阪阿部野橋 2

先々月の平成28年10月9日に現地で購入しました。
abnb01
abnb02
ご当地キャラは当駅駅舎のあべのハルカスです。


台紙は黄色なので、第一弾発売駅です。
abnb04
abnb03

常備券は今回は購入していません。
abnb01abnb02
以前の記事から画像を再掲します。


今回は、阪堺電気軌道の乗りつぶしの途中にご当地入場券を購入しました。
abnb11
上町線の乗りつぶしを終え、天王寺駅前停留所から歩きます。

大阪の新しいランドマーク 大阪阿部野橋駅舎≒あべのハルカスです。
abnb13


駅舎内の近鉄大阪阿部野橋駅営業所でご当地入場券を購入。
abnb12
そしてまた歩きます。

新しいランドマークの阿部野橋駅を出ると、昔からのランドマークが見えます。
abnb14
60周年の横断幕を掲げた通天閣の方向に歩きます。

そして阪堺線の恵美須町停留所に到着。この電車に乗って阪堺電気軌道完乗です。
abnb15
天王寺駅前停留所から恵美須町停留所まで、阿部野橋駅ご当地入場券購入時間を含め徒歩30分でした。

水間鉄道 水間観音

先月の平成28年10月9日に現地で購入しました。
mizm03
mizm04
雨上がり時の購入だったせいか、受け取った際にはとても湿っていて、フニャフニャの切符でした。
乾いた今は反っています

旧駅名の入場券は、以前に記事にしました
mizm01
mizm02
切符の画像を再掲します。

先月9日の水間観音駅です。
mizm11
登録有形文化財の駅舎には旧駅名の駅名標が残っています。

駅の敷地内に古い電車が保存されています。
mizm13
私が初めて水間鉄道に乗車した平成2年は、この電車がギリギリ現役でした。
水間駅・貝塚駅共に硬券入場券が買えなかったのは残念でしたが、置き換え寸前の釣り掛け電車に乗れて嬉しかったです。

せっかくなので駅名の由来の水間寺にお参りに行ってきました。
mizm12
駅からは徒歩10分弱です。

駅に戻ったら、賑わっていました。
mizm14
だんじりですね。
この日は水間鉄道の他に、南海高師浜線の乗りつぶしにも行きましたが、そちらでも高師浜駅前でだんじりに遭遇しました。
移動中の南海本線の車窓からも見掛けました。
だんじりの季節なのですね。
鉄道コム
記事検索
メッセ-ジ
最新コメント


c2011-2013厚紙散歩・haruka f