厚紙散歩

集めた硬券入場券をアップします

箱根登山鉄道 箱根湯本

平成9年8月20日に現地で購入しました。
hkym01
hkym02
料金変更印のあるB型券です。

そして先週の平成29年11月6日に現地で再購入してきました。
hkym03
hkym04
今月から復活の硬券入場券です。
箱根湯本駅では、隣の無人駅の塔ノ沢駅の入場券の発売も開始しました。
hkym05
hkym06
券番を見ると箱根湯本駅と塔ノ沢駅の入場券売れ行きは1枚差です。

今月から発売の入場券には台紙が付きます。
hkym21
これとは別に、箱根湯本駅では全駅の入場券を収納できる台紙を300円で発売していました。

先週の箱根湯本駅です。
hkym11
留置中のモハ2型が展示保存車のように見えます。

強羅行きホームにはアレグラ号1両+サンモリッツ号2両の編成が停まっていました。
hkym12
線路脇には散水装置への給水設備が見えます。

塔ノ沢駅の入場券を買ったので、塔ノ沢駅にも行ってみました。
hkym13
この駅は車での到達は不可能で、立地的には秘境駅のようです。

トンネルに挟まれた狭い構内で上下列車が交換します。
hkym14
狭いので分岐器は上下ともにトンネル内にあります。

上り方のトンネルは3両化の際の拡張工事で坑口が新しくなっています。
hkym15
車での到達が不可能なので電動貨車で搬入できる機材で手掘り工事でトンネルを拡幅したとか。

上りホームには好ましい佇まいの祠があります。
hkym16
松井証券創業者が寄贈した銭洗弁天です。

箱根登山鉄道 大平台

先週の平成29年11月6日に現地で購入しました。
ohrd01
ohrd02
今月から発売の常備硬券入場券です。
大人専用券なので、念のため窓口で小児券の有無を確認しました。
小児券は無いそうです。

この入場券には台紙が付きます。
ohrd51
デザインは全駅共通です。

大平台駅の硬券乗車券は平成3年2月7日に現地で購入しています。
ohrd03
ohrd04
実際に使用した切符を手元に残すことができました。
この時は硬券入場券は無かったです。

先週の大平台駅です。
ohrd11
国道1号線に面した駅舎は無人です。

乗車券類はホーム事務室で発売しています。
ohrd12
券売機も、無人駅舎ではなく、こちらに設置されています。
窓口営業時間は、平日が8:58~16:42、休日が9:00~16:42です。

頭端式ホームのスイッチバック駅に下り列車が入ってきました。
ohrd13
1982年度ブルーリボン賞受賞のベルニナ号です。
子供の頃、トミックスからNゲージが発売された際に、前照灯に当時は珍しかったLEDを使用して話題になりました。
今は実車の前照灯もLED化されています。

続いて上り列車も入ってきました。
ohrd14
現役なのが嬉しいモハ1型です。
大平台駅の硬券乗車券を購入した頃は釣り掛け式で、走行音を楽しみながら乗車しました。現在は平行カルダン駆動に改造されています。

箱根登山鉄道 宮ノ下

6日前の平成29年11月6日に現地で購入しました。
mynh01
mynh02
今月1日から発売している常備硬券入場券です。
プレス発表に「かつて各駅で発売」とありますが、宮ノ下駅では
いつ頃まで発売していたのか気になります。

この入場券には台紙が付きます。
myns21
デザインは全駅共通です。

宮ノ下駅の硬券乗車券は平成3年2月7日に現地で購入しています。
myns03
myns04
この時は硬券入場券は無いと言われました。代わりに買った初乗り区間の一般式乗車券です。

6日前の宮ノ下駅です。
myns11
営業時間は9:00~16:52です。

箱根登山鉄道 小涌谷

4日前の平成29年11月6日に現地で購入しました。
kwkd01
kwkd02
今月1日から発売の常備硬券入場券です。
小涌谷駅の日付印字は天虎書体ゴム印ではなく、本物のダッチングマシンでした。

硬券入場券には全駅共通の台紙が付きます。
kwkd24

購入当日の小涌谷駅です。
kwkd21
営業時間は9:30~16:58です。

窓口の仕切りの、金銭と乗車券類をやり取りする穴(名称があるのでしょうか?)を塞いでおく角材(これも名称があるのでしょうか?)と一緒に、硬券入場券をアピールする掲示が立っています。
kwkd22
掲示には日付器印字体験とあります。

体験しました
kwkd23
常備硬券乗車券廃止以来、駅事務室に眠っていたダッチングマシンだそうです。
駅員さんは、硬券入場券発売に合わせて使えるように清掃整備したと楽しそうに語っていました。
下蓋の刻印は製造年式平成5年、製造番号500806です。

箱根登山鉄道 彫刻の森

平成9年8月20日に現地で購入しました。
ckkn01
ckkn02
120円券に料金変更印を押して130円で発売していました。

そして今月から復活の常備硬券入場券を
一昨日の平成29年11月6日に現地で購入しました。
ckkn03
ckkn04
発売開始から5日後の購入でこの券番ですが、常備券として各駅に配備される前に鉄道系イベント4か所(横浜・日比谷公園・小田急海老名基地・南海千代田車庫)でのセット販売を経ているので、イベント発売分の続番かもしれません。

一昨日購入した入場券には台紙が付きます。
ckkn21
デザインは全駅共通です。

一昨日の彫刻の森駅です。
ckkn11
駅営業時間は、公式サイトでは9時から17時までとなっていますが、3月30日付プレスによると9時25分から17時02分までに変更になっています。
鉄道コム
記事検索
メッセ-ジ
最新コメント


c2011-2013厚紙散歩・haruka f