厚紙散歩

集めた硬券入場券をアップします

南阿蘇鉄道 高森

一昨日の平成29年4月12日に現地で購入しました。
tkmr01
tkmr02

以前、発売終了の噂もありましたが、行ってみたらありました。
券面に記念入場券と記されていますが、私にとっては常備硬券入場券です
窓口では硬券差に入れて管理していました。

他に、高森駅の小児専用券を含む記念入場券全駅セットも売っていました。
念のため窓口で確認したら、小児券は、常備券として単品発売はしていないとの事でした。

震災復興中の南阿蘇鉄道では、様々な硬券のセットを発売しています。
その中から、気に入ったのを一つ購入してきました。
tkmr03
現在運行している区間の復旧記念の硬券セットです。
発売額は1600円で、額面の計1550円とは異なります。

セットに含まれる、硬券乗車券です。
tkmr05tkmr06
ダッチングでの日付は、運転再開日です。

tkmr07tkmr08
発駅が中松の乗車券も発行箇所は高森駅です。

硬券の往復トロッコ券は初入手です。
tkmr09tkmr10
有効期限は今年の3月末日までなので、購入時点で実使用できない切符です。

そして現在、暫定終着駅となっている中松駅の硬券入場券です。
tkmr11tkmr12
こちらも券面の発行箇所は高森駅です。


午後の紅茶のCMで有名になったあの列車です。
tkmr52
満開の桜と阿蘇山をバックに、たった一人の乗客を乗せて上り最終列車が発車していきました。
前面の行先表示は、立野の部分に中松と重ね貼りしてあります。

発車直前に、運転台にタブレットキャリアを載せていました。
この路線は電子符号照査式の特殊自動閉塞だったはずです。
部分復旧中の現在はスタフ閉塞で運転しているのかもしれません。

秩父鉄道 ソシオ流通センター

昨日の平成29年4月5日に現地で購入しました。
scio01
今月1日に開業したばかりの新駅には、常備硬券と共にダッチングマシンも備わっていました。

長い駅名なので、乙片部分の駅名を、どう略記するのか、開業前から気になっていました。
因みに、同路線のひろせ野鳥の森駅の硬券入場券の乙片略記は、「ひろせ」ではなく「野鳥の森」です。

scio02
午後の購入でしたが、裏面には締切時のチェックが入っていました。昨日の最初の発売券でしょう。

窓口で、私の後に並んだ方は、常備券ではなくD型サイズの開業記念入場券を購入していました。
そしてその後の方も開業記念入場券を購入していたように見えました。
開業記念のD型券、私は購入しませんでした。

一緒に硬券乗車券を2枚、購入しました。
scio03scio04

scio05scio06
両隣の駅までの両矢印式の、大小兼用券と小児専用券です。


切符を買った後は駅を観察しながら帰りの電車を待ちます。
scio11
駅前ロータリーには、新駅見物の方々の車がひっきりなしにやってきます。
車の中から眺めるだけの人、車を降りて撮影する人、記念切符を買いに窓口へ行く人‥
新駅ならではの光景でした。

窓口の隣にはタッチパネル式の券売機が設置されています。
scio12
帰りの切符は券売機で購入しました。

そしてやはり気になるのは、出札窓口です。
scio13
乗車券箱に直置きしている開業記念券は別として、硬券差の数から察するに常備硬券は6口座あるようです。

ダッチングマシンは美品ですが、使い込まれていて新古品ではありません。
下部の蓋に平成1年製造の刻印が見えます。

ダッチングマシンにゴム留めしてあるB型硬券は、地紋入りの無札乗車証明書で、ゴム印補充でソシオ駅発行と記されています。
この、ゴム留めしてある券は、日付確認の試し打ちに用いたようです。

帰りの電車は、新駅開業記念HM付きでした。
scio10
乗車する際、車内の方々が一斉に私を見ました
まだ見慣れない新駅から乗車する人が
見慣れない珍客に見えたのでしょう

小田急小田原線 足柄

平成6年10月17日に現地で購入しました。
asgr01
asgr02

小学生の頃に授業で使っていた地図帳に、この駅から専売公社の工場までの専用線が載っていて、授業中に地図のその部分ばかりをジッと見ていました

中央本線 勝川

平成5年1月16日に現地で購入しました。
ktkw01
ktkw02
回転ゴム印による青味がかった日付は独特の書体です。
前回の記事で触れた、神保町の書泉グランデで現在発売中の、ダッチング風日付印の「関西タイプ」とは、これのことだと思います。

印影が、書泉で見た回転ゴム印よりもコンパクトな気がします。サイズ違いでしょうか。

勝川駅で硬券入場券を購入した後は、城北線に乗りました。
ktkw03
ktkw04
そして小田井駅の近くの事務室(現在の本社所在地?)で開業1周年の記念切符を購入しました。
緑地のJR東海地紋の、D型サイズの往復乗車券です。
青味がかったダッチングは開業1周年の日付で、実際の購入日の平成5年1月16日とは異なります。

この時の城北線は、枇杷島駅設置工事が終わっておらず、この券面の区間が全営業区間でした。

裏に星勝切符とあります。星勝きっぷは数度の記念発売を経て、現在は通年発売となっています。
現行券は、この開業1周年券にそっくりですが、地紋が東海交通事業オリジナルに変わっています。

ダッチングマシングッズを買いに

関東交通印刷の公式サイトに、天虎工業とライセンス契約を結んでグッズを販売しているとあります。
01
販売している神保町の書泉グランデに行ってきました。
向かいに建つ石井スポーツ登山本店には時々行くのですが、書泉グランデは24年ぶりです。

それでは
02
購入品の紹介です。

ダッチングマシンの段ボール箱です。
03
取扱説明書とカタログも同封されています。

背面のあて紙は、硬券用の板紙です。
04
私のコレクションの中で最も大きい硬券となりました。

このセットが税抜きで3500円。
高いなぁ、と思いながら買うつもりもなく見ていたら、だんだんと欲しくなってしまいました

2点目はダッチングマシン用シールです。
05
私が購入したのは1500円のシールです。
表面に光沢のある2000円のシールも売っていました。

そして見ただけですが、本物のメーカー在庫品も売っていました。
06
30部限定品で価格は税抜5000円。
他の天虎グッズとは別にガラスケースに収納されていました。

我が家のダッチングマシンのメーカーシールの状況です。
07
貼り替えはしません。
買ってきたシールは何か他に使います。

3点目は、日付変更レンチです。
08
これ、ずっと欲しかったんです。
何年か前に関東交通印刷で少量生産していることを知り、メールで問い合わせたのですが、返事が来なかったので諦めていました。

4点目はダッチングマシン用補充インクです。
09
インクまで天虎ブランドにこだわる必要はないのですが、
なんとなく買ってしまいました。

5点目はフェルトです。
10
この小さなフェルトが1200円
購入するか悩みました。

我が家のダッチングマシンはフェルトが欠損しいて、手芸用で代用しています。
11
問題なく使用できますが、専用のフェルトを見て交換したくなりました。


他に、日付を補完する、回転リングに貼り付けるタイプの日付パーツが売られていました。
これこそダッチングマシン所有者が望むグッズと思い、手に取ってじっくり観察しましたが、
回転リングは純正の状態を保ちたいので購入はしませんでした。
Facebookを見ると関東交通印刷は回転リング自体の発売を目指しているようです。

回転リングに手を加えない代わりに、現在の和暦印字はこちらで楽しみます。
12
ダッチングマシンフォントの回転ゴム印です。
天虎タイプ・関西タイプ・台湾タイプの3種があり、私は天虎タイプを購入しました。


そして印字を楽しむための無地硬券も購入しました。
13
私は西武線沿線で育ったので、乗車券として馴染みのある緑地のB型券と、特急券として馴染みのある黄色地のA型券を購入しました。

以上、合計で
14
この値段です。

我が家のダッチングマシンは、ピリオドの印字が欠けているので、ピリオド印字用の金属パーツも欲しいです。
製品化を期待します。
鉄道コム
記事検索
メッセ-ジ
最新コメント


c2011-2013厚紙散歩・haruka f