厚紙散歩

集めた硬券入場券をアップします

2012年12月

近鉄信貴線 信貴山口

今月の平成24年12月13日に現地で購入しました。
sgsg1
sgsg2

近鉄の経営計画では、2014年度までに利用者3000人/日以下の駅は原則無人化としています。
信貴山口駅の利用者数は、2010年11月の調査で1495人/日です。
あくまで“原則”なので、利用者3000人/日以下でも無人化されない“例外”の駅はあるはずです。
信貴山口駅は、ケーブルカーの乗換駅という特殊性が勘案される可能性が高いとは思いますが、念のため、早めの収集を意識していました。


西信貴鋼索線の山頂側の高安山駅の硬券入場券も、信貴山口駅で売っています。
sgsg3
sgsg4
裏面の発行箇所は高安山駅ではなく、実際の発行箇所の信貴山口駅と表記されています。
昨年に鳥居前駅で生駒鋼索線の硬券入場券を買っていたので、例に倣って発行箇所表記が信貴山口駅であることは予想していました。

しかし、表面の小児断片部も信貴山口と表記されているのは予想外でした

参考に、当ブログの生駒鋼索線鳥居前駅の記事から、鳥居前駅発行の
宝山寺駅と生駒山上駅の硬券入場券の写真を転載します。
houzan1
ikomau1
小児断片部の駅名表記は発行箇所の鳥居前駅ではなく、各々の駅となっています。
活版印刷からオフセット印刷への移行に合わせて乙片表記の変更があったのかも知れません。




夜の信貴山口駅へは大阪線の高安駅から歩いて行きました。
sgsg11
高安山には劣るかもしれませんが、この辺りは大阪の夜景がとてもきれいです。


改札内は信貴線ホームと西信貴鋼索線ホームがL字に配置されています。
sgsg12

信貴線も鋼索線も2面1線の櫛形ホームです。
sgsg5sgsg6
鋼索線は22時台まで運行しているので山上からの夜景を手軽に見に行けます。
私は時間の都合で、ケーブルどころか信貴線すらも完乗せずに帰ってきました

近鉄大阪線 高安

平成24年12月13日に現地で購入しました。
tkys1
tkys2
改札でこの入場券を購入した際、わざわざ乗車券袋に入れて手渡されました。
ずいぶん親切だなと思いつつ、立ち去った後に袋から出すと、硬券が折れていました

折れていようが券番順に発券せねばならない駅員氏としては、乗車券袋を添えたのはせめてもの気持ちかも知れません

折れた硬券の修復方法が収集家の間に存在するようです。
私はその術を会得していません
とりあえず平らなところで圧をかけて表面の折れじわが目立たないようにしてからアルバムに収納しました


夜の高安駅です。
tkys3
高安は高安山の麓の街です。
高安山駅の硬券入場券を売っている信貴山口駅は、ここから徒歩圏内です
夜の住宅街を抜けて信貴山口駅へ向かいました。

近鉄生駒線 一分

今月の平成24年12月14日に現地で購入しました。
icb1
icb2
掠れた活版印刷券がまだ現役です。


一分駅は相対式ホームの1番ホーム側に窓口があります。
icb3
踏切を挟んだ2番ホーム側の改札はラッシュ時間帯専用で、普段はシャッターで閉ざされています。

近鉄橿原線 筒井

今月の平成24年12月14日に現地で購入しました。
tti1
tti2
橿原線落穂拾い収集に出掛けたうちの一駅です。
橿原線の駅の入場券は平成7年から集め始めて
やっとこの日にコンプリートとなりました


筒井駅は橿原線唯一の高架駅です。
tti3
筒井駅へは、関西本線の大和小泉駅から歩いて行きました。
歩程は約1.5キロで20分弱でした。

近鉄生駒線 菜畑

今月の平成24年12月14日に現地で購入しました。
nbt1
nbt2
菜畑には活版印刷券が残っていました。
オフセット印刷には無い、印刷の掠れが硬券らしくて好印象です


菜畑駅には朝早く出掛けました。

nbt3
7時前に行ったら窓口が開いていなくて、駅前探検を終えて7時過ぎに戻ったら開いていました。
寒かったです。
鉄道コム
記事検索
メッセ-ジ
最新コメント


c2011-2013厚紙散歩・haruka f