厚紙散歩

集めた硬券入場券をアップします

2015年04月

近鉄名古屋線 近鉄四日市

平成3年3月27日に現地で購入しました。
4kic01
4kic02
南改札側の出札窓口で購入しました。

そして現行様式券を、先週の平成27年4月20日に現地で購入しました。
4kic03
4kic04
これも南改札側の出札窓口で購入しました。
現行様式ながら、ちょっと古い活版印刷券です。

私は窓口別の収集までは意欲的ではないのですが、あすなろう鉄道乗車までの待ち時間が暇だったので反対側の北改札にも行ってみました。
4kic05
4kic06
そして購入。
こちらはオフセット印刷券でした。

只今、この3枚の切符を並べてニヤニヤ眺めながらキーボードを打っています

4kic114kic12
左が券面番号05の南改札側窓口、右が券面番号06の北改札側窓口です。

近鉄内部線/四日市あすなろう鉄道 内部

平成3年3月27日に現地で購入しました。
utbe01
utbe02
2時間制になる前の様式です。

そして24年ぶりに再購入してきました。
5日前の平成27年4月20日に現地で購入です。
utbe03
utbe04
先に近鉄から経営移管した養老鉄道と伊賀鉄道は入場券の時間制を導入しなかったのに
何故か四日市あすなろう鉄道は近鉄を踏襲しました。

24年ぶりの内部駅は、手が加えられているものの変わらずの駅舎です。
utbe11
四日市あすなろう鉄道は公有民営方式なので、この駅舎は現在、四日市市の所有だそうです。

四日市あすなろう鉄道 あすなろう四日市

一昨日の平成27年4月20日に現地で購入しました。
asn401
asn402

今月1日に発足した四日市あすなろう鉄道には期待通り、硬券入場券が常備されました。
様式は、先に近鉄から経営移管した伊賀鉄道と養老鉄道同様に、近鉄のおもかげを残すであろうと予想していましたが、地紋入りはサプライズでした

近鉄四日市10番窓口改め、あすなろう四日市兼掌窓口です。
asn411
近鉄時代から名古屋・湯の山線と内部・八王子線は別改札だったので、先輩の伊賀神戸・桑名の両駅よりも経営分離後の駅構造に違和感がありません。

中央本線 上諏訪

平成元年8月23日に現地で購入しました。
kmsw01
kmsw02

上諏訪夜行と呼ばれていた、新宿発上諏訪行きの普通夜行列車を下車してすぐの早朝に購入しました。
この頃には青春18きっぷ利用期間内でも上諏訪夜行の混雑はさほどでもなく、新宿駅での、ホームではなくアルプス広場に並んでの列車待ちも解消されていました。

そして上諏訪駅ではこんな入場券も発売していました。
kmsw03
平成3年の初夏の頃に現地で購入しました。

硬券入場券ならぬ石鹸入場券です。
kmsw04
購入から24年間未開封でしたが、今回のブログ撮影用に初めて開封してみました。
石鹸の上にプリントした際に付いたと思われる、透明なコーティングのような物質が変色しています。

上諏訪駅1番ホームに引き込まれている温泉は、現在は足湯となっていますが、当時は足だけではなく全身入浴可能の露天風呂でした。
入浴者向けにタオルと共に発売されていた石鹸です。

そしてこの入場券は、クロバー石鹸の名入れ対応商品です。
sp-soap1
商品例の画像を、クロバー石鹸の現行カタログから拝借しました。

平成3年はJR東日本の常備硬券廃止の年で、この石鹸入場券を買った時には既に上諏訪駅の硬券入場券の発売は終了していました。

西武池袋線 狭山ヶ丘

平成2年2月2日に友人から購入しました。
symg01
symg02

2並びの日付に合わせて記念発売された常備硬券入場券です。
当時の西武はプリペイドカード(レオカード)導入に合わせて全駅に自動券売機が設置されていたので、多客の臨時発売を行う駅と特急券発売駅以外では常備硬券の入手は困難でした。
当時の私は切符集めを始めたばかりで、自分自身で現地購入などという妙なこだわりは芽生えていなかったので、狭山ヶ丘を含む一部の駅は切符集めの友人に頼んで買ってきてもらい、当日のうちに引き取りました。

そして昨日の西所沢駅の記事で予告した通り、現在発売中の記念硬券乗車券を
つい先ほど散歩がてらに自宅から歩いて現地購入してきました。
symg03
symg04
発売3日目の夕方の購入で券番はご覧の通りです。

先に購入した西所沢同様、日付印字は明朝体の回転ゴム印で西暦表示で印字されています。
日付印字の位置も西所沢駅で購入した券と同じなので、この記念乗車券に限ってはここが定位のようです。


狭山ヶ丘駅は自宅の最寄駅ではありませんが、不動産屋さんの定義では徒歩圏内です。
symg11
D型硬券のいにしえの駅舎の写真とは反対側の、東口から買いに行きました。
入場券を買ってきてもらった平成2年当時には、まだ東口は設置されていませんでした。

入場券を入手した平成2年は、狭山ヶ丘駅の貨物取扱いが終了した年です。
symg12
E851型電気機関車が巨体に似合わずちまちまと入換をしていた貨物用ホームは、ご覧のように現在も残存しています。
そしてこの写真を撮った際の私の立ち位置のすぐ下あたりには、記念乗車券の写真にある橋上駅舎ができる前の、構内通路の階段も残っています。
鉄道コム
記事検索
メッセ-ジ
最新コメント


c2011-2013厚紙散歩・haruka f