昭和63年11月7日に現地で購入しました。
ohnb01
ohnb02
現在も全駅常備の、秩父鉄道の硬券入場券です。
当時は駅名補充式が多かった中で、御花畑駅の入場券は駅名常備式でした。

そして本日(平成30年4月17日)、現地で再購入してきました。
ohnb03ohnb04
ブログ公開時点で有効期間内の切符なので、おもて面に斜線を入れます。

羊山公園の芝桜の開花時期に合わて発売される記念入場券です。
今年はC型サイズでの発売で、入場券としては、私のコレクションでは初のC型券です。

カラー写真入りの切符なので、JRのD型記念券のような光沢のある紙を予想していましたが、実際は、ちゃんとしたクリーム地の乗車券用板紙でした。
クリーム地の乗車券用板紙にフルカラー印刷された切符としても、私のコレクションでは初となります。

日付印字の色が切符のデザインに合っていて好ましいです。
窓口で係員氏が日付印字するのを待ちつつチラ見した乗車券箱には硬券がいっぱい詰まっていましたが、本日はこの記念入場券のみを買ってきました。


コレクションアルバムから御花畑駅絡みの硬券乗車券を探してきました。
秩父鉄道から西武秩父線への連絡乗車券です。
ohnb05
ohnb06
 上が平成元年6月18日に、下が平成9年5月25日に三峰口駅で購入しました。
ohnb07
ohnb08
どちらも同じ経路の乗車券ですが、括弧書きによる乗換駅の表記が異なっています。
因みに西武線と秩父鉄道の直通運転開始は平成元年4月でした。


本日購入の芝桜記念入場券には台紙が付いていました。
ohnb11
ohnb12
今日はカメラとスマホを持っていくのを忘れてしまい、文化財の駅舎と羊山の芝桜を撮り損ねました