日本の鉄道の中心、東京駅の硬券入場券は平成2年5月1日に買いました。
tokyo






私はJR発足後の昭和63年より硬券入場券を集め始めたので国鉄発行の券は持っていません。
これはJR東海発行で四角枠に「海」が印刷されています。
東海の入場券は基本的には会社を表すこのマークは入りませんが、東京や米原のような幹在別会社の駅では「□海」が印刷されています。

この切符、切符自体は特に珍しいモノではありませんが
日付印字器(ダッチングマシン)による日付が「菅沼式」と呼ばれる古い機器での印字です。
菅沼式印字器は昭和40年代前半に製造が終了しているので
東京駅の出札の備品のメンテナンスが行き届いていたとしても物持ちが良すぎる気がします。
印字も極めて良好だし‥

これはこの時の出札担当者のコレクションの私物で‥硬券を買う人の反応を見ながら‥楽しみながら使用していたのではないか‥
と、勝手に想像しています。


このきっぷ、私のコレクションではJR券で唯一の「菅沼式」です。