平成24年5月14日に現地で購入しました。
animaeda1
animaeda2
駅舎に温泉施設がある為jか、温泉マークの目立つ入場券です。
駅名部分には委託駅の記号があります。


窓口を覗くと乗車券箱に硬券が並んでいたので乗車券も買ってみました。
animaeda3
animaeda4
買ったのは最低区間の乗車券です。
2駅表示の一般式ですが、金額表示が一番大きく目立つので、
手に取った時に一瞬、金額式と錯覚しました。



収集目的に最低区間の乗車券を購入しましたが、
実際に使用した乗車券も手元に残すことが出来ました。
animaeda5
animaeda6
角館駅で下車の際に申告して手元に残すことが出来た阿仁前田・角館間の乗車券です。
最低区間は2駅表示でしたが、阿仁前田からの運賃が1300円の区間は下り方面にしか存在しないので
こちらは1駅表示の一般式です。

改札鋏が現役で、実際に使う券には鋏が入ります。
入場券にも入れて欲しかったのですが、なんとなく頼みづらかったので
入場券は入鋏省略となりました



阿仁前田から乗った列車は急行でした。
秋田内陸線は急行料金が設定されているので乗車には急行券が必要です。
animaeda7
animaeda8
乗車券同様の水色のオリジナル地紋が入るA型硬券です。
これも角館駅で集札の際に申告して手元に残すことが出来ました。

これは私のコレクションでは、平成7年にのと鉄道の穴水駅で買って以来の5枚目の硬券急行券です。
私は硬券入場券以外の乗車券類の収集はあまり熱心ではないので、硬券の急行券自体がコレクションに少ないです。



阿仁前田駅舎です。
animaeda001
3階建てのデカい駅で、コンパクトカメラでは全景を写すのに苦労します。
温泉施設を併設しており、私も待ち時間に入浴しました。


大きい駅舎に対して駅前通りはとても短いです。
animaeda002
駅前通りは阿仁川に突き当たって終わります。
この写真は阿仁川の堤防から駅方向を撮ったもので、駅前通りの全景が写っています。


ホームの後方から下り方面に貯木施設が続きます。
animaeda003
この貯木場は過去には米内沢営林署森吉線(森吉森林鉄道)の起点でした。



ホームに角館行きの列車が入ってきました。
animaeda004
一般型の気動車が入ってきたので戸惑いましたが、行先表示が「急行 角館」となっているので
この列車が急行もりよし号です。

秋田内陸線には急行用の車両があったはず‥
ボックスシートを占領できたので一般型車両でも十分にくつろげましたが、
急行用の軽快気動車がどんなものか乗ってみたかったです