平成10年10月11日に現地で購入しました。
skbo01
skbo02
日付印字の青インクが、経年で黒っぽくなってきました。

そして先週の平成28年5月16日に現地で再購入してきました。
skbo03
skbo04
あと10枚でゾロ目券番です。3333の券番に興味のある方、
今なら間に合うかもしれません

再購入と一緒にご当地入場券も購入しました。
skbo05
skbo06

この駅名の「榊󠄀」は環境依存文字です。タイトルを含め文字化けしている場合があります。
因みに駅名の由来となっている榊原温泉は「榊」です。

ここで私のご当地入場券コレクションは4駅目です。
skbo09
以前の3駅では購入者自身が台紙とスリーブをセットするような状態での発券でしたが、榊󠄀原温泉口駅では写真の様に収納された状態で発券されました。

現在のご当地入場券発売駅20駅のうち、第2弾発売駅の10駅は、この水色の台紙です。skbo07
skbo08


先週の再購入の際、出札窓口は閉まっていました。
skbo11
榊原温泉駅の駅別乗車人員は平成24年の調査で1095人/日です。
公式サイトに特急券・定期券の窓口発売は休日の時間限定と記されているので、平日は無人なのではと心配していましたが、改札口で購入できました。

駅前には温泉の送迎バスとコミュニティーバスの他に、警察のバスが3台停まっていました。
skbo12
伊勢志摩サミットの警戒警備のバスです。こんな山間の駅にも警察官が大勢いました。
サミットの警備で切符集めの怪しい中年男性をスルーするはずがありません。すぐさま声を掛けられました
この日は天候不良で登山の予定を中止していたので、この後に宇治山田・鳥羽・鵜方・賢島にもご当地入場券を買いに行こうかと思っていましたが、検問や職質を繰り返すのが目に見えているので、伊勢志摩エリアは避けて過ごすことにしました。

榊原温泉の入浴した宿には警察のバスが5台も停まっていました。
skbo13
警察関係者の宿泊所になっているのでしょう。