平成6年6月30日に現地で購入しました。
syar01
syar02

一緒に、釧路湿原、南弟子屈、川湯温泉、止別、浜小清水、藻琴、鱒浦の7駅のセット券も購入しました。

この日は斜里駅に来るまでに、
■釧路湿原駅(当時は臨時駅)で臨時係員がおらず硬券入場券入手できず
■川湯温泉駅で駅舎内店舗のオーチャードグラスがクローズしていて硬券入場券入手できず
■浜小清水駅で硬券入場券は無いと言われ入手できず
と、空振りが続いていました

遠方の地での空振り続きで憔悴しきって到達した斜里駅の出札窓口に、見本として掲げてあった上記3駅を含むセット券はとても魅力的でした。

その購入したセット券は別の機会に記事にしたいと思います。


そして駅名改称後の硬券入場券を、先週の平成29年7月18日に現地で購入しました。
syar03
syar04
日付が裏に入っています。

この翌々日から新規発売の、ご当地入場券は、裏に日付が入ります。
そして、ご当地入場券の発券を実際に見て、発売箇所に対して日付印字の位置を周知徹底しているように感じました。どこもスタッフが印字に慎重になっているのです。

印字位置に関して硬券入場券の発券とご当地入場券の発券を混同したとは思えませんが、何らかの影響はあったのかもしれません。

ちなみに知床斜里駅は、ご当地入場券発売駅の101駅に含まれていますが、発売開始の7月20日には間に合わなかったようで、このブログを作成している7月27日時点でも公式サイトに【coming soon】と表記されています。

久々の斜里駅、改め知床斜里駅は綺麗な駅舎になっていました。
syar11
よく見るとスリット状の部分から古いコンクリートブロックの壁が見えます。
新築ではなく改築のようです。

出札前の待合スペースは混んでいました。
syar12
ほとんどが訪日外国人です。
国際免許でレンタカーを乗りこなす人は別として、外国人旅行者にとってこの駅は今でも知床観光の拠点のようです。
単行の釧路行きは満員状態で発車していきました。