平成6年6月30日に現地で購入しました。
kysc01
kysc02
当時の清里町駅は簡易委託駅でしたので、小児断片の無い簡易委託様式の入場券です。

一緒に斜里までの硬券乗車券も購入しました。
kysc03
kysc04
B型サイズの一般式乗車券です。

そして今月20日から発売となったJR北海道わがまちご当地入場券を、先週の発売開始当日の
平成29年7月20日に発売箇所のきよさと情報交流施設きよーるで購入しました。
kysc05
kysc06
念のため書きます 硬券ではありません。

そして、入場券としての効力は発売当日限りなのですが、端の応募券の部分はブログ作成中の7月28日時点でも応募期間中なので、切符の画像は応募時に表となる裏面に斜線を入れて掲載します。

しおり型の軟券で一見すると不定型サイズのようですが、観光写真の部分はマルス券などに見られる、いわゆる85mm券サイズで、普通入場券としての白地の部分はB型硬券サイズとなっています。

応募券はミシン目でくっついています。
応募して何がどうなるのかは趣味の範囲外なので知りません

先週撮影の清里町駅です。


kysc11
完全無人化から二十年以上経っており、ひっそりとしています。

そしてわがまちご当地入場券の発行箇所となった情報交流施設です。

kysc12
ここは清里町名産の、じゃがいも焼酎の町営蒸留施設に隣接しています。
駅からは遠いです
公式サイトによると駅から徒歩20分だそうです。

町営施設が駅の近くに無いわけではありません。
清里町役場、そして24時間スタッフが居るであろう町営温泉宿泊施設「緑清荘」は、
ここより駅に近いのです。


きよーるのカウンターには、ご当地入場券のポスターが貼ってありました。

kysc13
発売初日の発売開始から38分後の購入で券番は0009番でした。

そして隣接する蒸留施設で造っている焼酎も買って来ました。
kysc14
この焼酎、十数年前に斜里出身の先輩が、会社の行事で振舞ったことがあります。
とてもとても美味しいです

後に居酒屋で他の地域のじゃがいも焼酎を何度か飲みましたが、この清里町のじゃがいも焼酎を超えるものに出会ったことがありません。

北海道好きが集まって飲む際に開封しようと思っています