平成6年7月1日に現地で購入しました。
absr01
absr02
裏にある青エンピツの跡は締切時のチェックなのか、それとも単なる汚れなのか微妙です。

そしてJR北海道わがまちご当地入場券を、先月の平成29年7月21日に現地で購入しました。
absr05
absr06
発売開始日の翌日の購入で券番はご覧の通りです。
券番0001と0002は額に入れて関係各自治体に進呈していると、後に報道で知りました。

ご当地入場券と一緒に硬券入場券も再購入しました。
absr03
absr04
ご当地入場券の発売開始と引換えに硬券入場券の発売は終了するというわけではないようです

久々の網走駅は、公衆電話がニポポからクリオネに変わっていましたが、
刑務所出所者に向けた縦書きの駅名標は健在でした。


absr11
銅像は日本史の授業には登場しないオホーツク人(モヨロ人)です。
駅の対岸のモヨロ貝塚では、オホーツク人の住居跡などを見ることができます。