平成9年8月20日に現地で購入しました。
gora201
gora202
この入場券は以前にも記事にしています
料金変更印入りで、購入額は130円です。

そして本日の平成29年11月6日に現地で再購入してきました。
gora203
gora204
今月1日から復活した硬券入場券です。文字配置はそのままに赤線一条入りになりました。
発売額が20年前と同じ130円なのには驚きました。箱根登山鉄道は消費税増税を乗り越えて初乗り運賃を据え置いているようです。

復活した硬券入場券には全駅共通の台紙スリーブが付きます。
gora211
日付印字が全く乾いていない状態でスリーブに入れて発券するので係員氏は四苦八苦していました。
インクの擦れは係員氏の苦労の証です。
他の駅も苦労は同じで、スリーブに入れずに購入者自身に委ねる駅も見受けられました。


強羅駅発行の硬券乗車券は1枚だけ持っています。
平成3年1月29日発行の片道乗車券です。
gora205
gora206
これは自分で購入した切符ではありません。
発行翌月の平成3年2月に大平台駅で処理済みの着札券をいただきました。

本日の強羅駅です。
gora212
平成9年に硬券入場券を買ったの時もこの駅舎でした。
そしてその前の、硬券入場券は無いと言われ購入できなかった平成3年の時もこの駅舎でした。
大平台駅でいただいた着札券は、強羅で硬券入場券を購入できなかった私に対しての駅員さんの厚意でした。26年が経過してあの時の駅員さんには迷惑が掛からない(時効?)と判断して記事にさせていただきます

本日の強羅駅のグッズ紹介コーナーです。
gora213
硬券入場券の左に「B型硬券入場券セット用台紙¥300」の札があります。
1日から発売開始した全駅の硬券入場券を収納する台紙は、強羅と箱根湯元の2駅でのみ発売しています。