平成9年8月20日に現地で購入しました。
hkym01
hkym02
料金変更印のあるB型券です。

そして先週の平成29年11月6日に現地で再購入してきました。
hkym03
hkym04
今月から復活の硬券入場券です。
箱根湯本駅では、隣の無人駅の塔ノ沢駅の入場券の発売も開始しました。
hkym05
hkym06
券番を見ると箱根湯本駅と塔ノ沢駅の入場券売れ行きは1枚差です。

今月から発売の入場券には台紙が付きます。
hkym21
これとは別に、箱根湯本駅では全駅の入場券を収納できる台紙を300円で発売していました。

先週の箱根湯本駅です。
hkym11
留置中のモハ2型が展示保存車のように見えます。

強羅行きホームにはアレグラ号1両+サンモリッツ号2両の編成が停まっていました。
hkym12
線路脇には散水装置への給水設備が見えます。

塔ノ沢駅の入場券を買ったので、塔ノ沢駅にも行ってみました。
hkym13
この駅は車での到達は不可能で、立地的には秘境駅のようです。

トンネルに挟まれた狭い構内で上下列車が交換します。
hkym14
狭いので分岐器は上下ともにトンネル内にあります。

上り方のトンネルは3両化の際の拡張工事で坑口が新しくなっています。
hkym15
車での到達が不可能なので電動貨車で搬入できる機材で手掘り工事でトンネルを拡幅したとか。

上りホームには好ましい佇まいの祠があります。
hkym16
松井証券創業者が寄贈した銭洗弁天です。