厚紙散歩

集めた硬券入場券をアップします

中小 静岡

天竜浜名湖鉄道 三ケ日

平成9年3月5日に現地で購入しました。
3kb01
3kb02

最安区間の硬券乗車券も一緒に購入しました。
3kb03
3kb04
社紋地紋のA型券です。

三ケ日と聞くとミカンの他に、歴史の時間に習った「三ケ日原人」を連想します。
三ケ日駅に降り立った際にも「ここが三ケ日原人の三ケ日だぁ」と思いながら周囲を見渡しました。
後の報道で、三ケ日原人が原人ではなっかったと知った時は、硬券購入時に見た三ケ日駅の周囲の風景を思い出しました。

伊豆急行 城ヶ崎海岸

平成6年10月17日に現地で購入しました。
jgsk01
jgsk02
B型券が欲しかったのですが、これしかないとの事でD型券の購入となりました。
ログハウス駅舎誕生記念とあります。
ログハウス駅舎は平成3年9月竣工なので、3年以上売れ残っていた発売され続けていた切符です

大井川鉄道 新金谷

先月末の平成25年7月31日に現地で購入しました。
skny01
skny02

これにて大井川鉄道の現行発売駅は完集です。

この日は輪行して、終点の井川から自転車で大井川沿いを走りながら切符集めをしました。
skny11
川に沿って山を下るだけの安易なサイクリングのつもりで出発しましたが、大井川沿いの道は予想以上に上り返しが多くて疲れました
新金谷では疲労が頂点に達して、博物館も転車台も砂利取り線跡も何も見ずに
切符を買ってサッと駅を後にしました。

大井川鉄道井川線 奥泉

先月末の平成25年7月31日に現地で購入しました。
okiz01
okiz02

隣の駅までの硬券乗車券も購入しました。
okiz03
okiz04
乙片は、着駅の長い駅名を略さずに表記しています。

駅への道はこんな感じです。
okiz11
何かの業務用の箱が積まれた道は、「奥泉駅」の看板が無ければ業務用通路にしか見えません。
進んでいくと…
okiz12

切符売場と書かれた看板がありました。
okiz13


奥泉駅舎です。
okiz14
改札の柵(ラッチ?)は、階段に斜めに設置されています。

連絡乗車券を発売しているので、待合室の運賃表にはJRの駅も多数、表記されています。
okiz15

確認はしていませんが、全て硬券での発券なのでしょう。
okiz16
Webの情報では寸又峡への路線バスの硬券もあるとの事ですが、バスの運賃表は見当たらなかったです。

大井川鉄道 家山

平成元年7月23日に現地で購入しました。
ieym88

ieym02
お気に入りのカラフルな駅名補充式券です。

先月末に24年ぶりに家山駅の硬券入場券を再購入しました。
平成25年7月31日に現地で購入です。
ieym03
ieym04
この現行券のシンプルさもとても良いのですが、中小私鉄の入場券には
つい個性を求めてしまいます


24年前に使用した硬券乗車券が手元に残っています。
平成元年7月23日に現地で購入しました。
ieym99
ieym06
同日に購入した上掲の入場券の料金変更印は横長の楕円に横書き表記なのに対し、こちらの運賃変更印は縦長の楕円に縦書き表記です。

硬券入場券を再購入した先月末には収集目的で最安のを1枚、購入しました。
ieym07
ieym08
24年前とは改札鋏の形状が異なります。
24年前の券に比べて地紋の緑色が濃くなったように見えますが、24年前の券が色褪せただけかもしれません。


再収集の家山駅は、朝6時台に行ったら窓口が閉まっていました。
ieym11
再収集は午後に仕切り直しです。

窓口は掲示が賑やかです。
ieym12

大井川本線内の有人駅の営業時間一覧がありました。
ieym13
後に寄った駿河徳山駅は、6時から9時40分までと16時30分から18時35分までの窓口営業でしたので、この掲示はあくまで目安ということでしょう
鉄道コム
記事検索
メッセ-ジ
最新コメント


c2011-2013厚紙散歩・haruka f