厚紙散歩

集めた硬券入場券をアップします

道の駅記念きっぷ

釧網本線 浜小清水

平成6年6月30日に現地で購入しました。
hksm01
hksm02
硬券入場券は無いと言われ、代わりに買った硬券乗車券です。
画像を取り込む際に薄くなってしまいましたが、ダッチングによる日付は実際には肉眼で数字を確認できます。

そして同日に斜里駅で購入した、浜小清水駅の硬券入場券です。
hksm03
hksm04
セット券のうちの一枚です。
釧路湿原、南弟子屈、川湯温泉、止別、藻琴、鱒浦の入場券と一緒に購入しました。
保管していたはずの台紙が見当たりません

そしてJR北海道わがまちご当地入場券を
先月の平成29年7月21日に浜小清水駅兼道の駅はなやか小清水で購入しました。
hksm55
hksm56
応募券部分はブログ作成時点で効力が残っているので画像には斜線を入れます。

同じカウンターで道の駅のD型硬券も売っています。
hksm07
hksm08
鉄道駅の入場券と道の駅の記念きっぷを一緒に発券してもらいました。
同時発券でも日付印字用のゴム印は共用ではありません。

先月21日の浜小清水駅です。フレトイ展望台から撮影。
hksm11
斜里岳がきれいに見えました。

駅が道の駅に変わっても、ピラミッド型の展望台は懐かしいままです。
hksm12
道の駅の営業開始前に来てしまったのでウロウロして時間を潰します。

駅の網走方にはDMVの軌陸インターチェンジが残っています。
hksm13
開発中止となった今はICの前後は廃線・廃道になっています。

オープン10分前に駅舎兼道の駅に向ったら、行列が出来ていました。
hksm14
ご当地入場券狙いの人々かと思いましたが、開店してみるとカウンターに向かったのは私だけで、他の方々は道の駅のスタンプ置き場にゾロゾロと並び直していました

列から外れてホームで待ちます。
hksm15
構内通路を通り下りホームに上がったところで上り列車が入ってきました。
釧路発網走行き4726Dです。

車内の旅客はオホーツク海の見えるこちら側の窓から景色を眺めています。
hksm16
窓から見える旅客のうちの何人かは、見覚えのある顔でした。
前日に宿泊した、一人旅向けの宿で見掛けた方々です。

一緒に居酒屋まで出掛けて夕食を共にした方も乗車していたのでさすがに目が合うかと思いましたが、私など全く眼中に無いようで 
全力で車窓を楽しんでいる様子でした

石勝線 占冠 2

占冠駅の硬券入場券をブログにするのは2度目です。
前回は一緒に北海道を旅した友人が別行動中に購入した硬券入場券を記事にしました。
前回の記事「石勝線 占冠」はこちら

そして今回は、自分自身で占冠駅に出掛けて買ってきた硬券入場券です。
先週の平成25年6月19日に現地で購入しました。
2smkp01
2smkp02
硬券が入場券のみとなってもダッチングマシンは健在です。
JR北海道の硬券入場券を買ったのは平成11年6月14日のニセコ以来、14年と5日ぶりです。

この駅に発券機器は無く、乗車券と特急券は手売りです。
収集目的と告げて最も安い区間の乗車券を小児運賃で発券していただきました。
2smkp03
出札補充券での発券です。
軟券は私の収集趣味の範囲外ですが、せっかくなので買ってみました
窓口には常備軟券の自由席特急券も置いてありましたが、こちらは収集趣味の範囲外と割り切って買いませんでした

占冠駅の周囲は荒涼としていますが無人地帯ではなく、数件の住宅と物産館があります。
smkp11
写っているバスは日高町営の路線バスです。

バスは見かけませんでしたが占冠村営バスのバス停もありました。
smkp14
本数は少ないものの、トマム駅・落合駅・幾寅駅・金山駅・富良野駅に出られます。


smkp12
乗車券類は手売りでの簡易委託発売なので券売機はありません。

窓口には乗車券箱が健在ですが、硬券差は入場券の1本のみでスカスカです
smkp13


占冠駅から10分ほど歩くと、占冠中央集落があります。
smkp21
集落内にある“道の駅 自然体感しむかっぷ”です。

D型硬券の記念きっぷを買いました。
smkp16
smkp17
裏は道の駅にあるお土産屋さんの解説(宣伝?)になっています。

道の駅にはソフトクリーム屋さんがありました。
smkp22
男ひとり旅でのソフトクリーム、
とてもおいしかったです

道の駅にはお蕎麦屋さんもありました。
smkp23
ソフトクリームを食べた1時間後に
おすすめの山菜そばを昼食にしました。
トマム周辺の蕎麦粉を使用しているそうです。

道の駅を後にして駅に向かいましたが、列車の時間まで1時間あります。
コープに寄り道をしたら、食事を済ませたにもかかわらず、つい買ってしまいました
smkp24
十勝名物の豚丼と、北海道限定のサッポロクラシックです
占冠での持て余し気味の滞在時間を暴飲暴食で過ごしてしまいましたが、旅から帰ったら体重は減っていました


道の駅 白川郷

先月に名鉄広見線長良川鉄道の硬券入場券集めに出掛けた際、残雪が程良かったので、雪景色の合掌集落を見るために思い切って白川郷まで足を延ばしました。

白川郷の道の駅での一枚です。
miskg01
miskg02
日付印字は電気仕掛けのダッチングマシン(正式名称は知りません)での印字です。

発券の際に、「色付きが出ましたけど、日付、入れちゃってもいいですか?」
と、聞かれました。
道の駅のきっぷ初心者の私は、「色付き」の意味が理解できないまま「はい」と答えました。


通常は道の駅のマークが黒いのに、これは赤いので、「色付き」なんだと思います。たぶん。
「出ましたけど」と言っていたので、何枚かに一枚、色付きが仕込まれているのでしょう。


雪景色の合掌集落を見るのは念願でした。
miskg12
想像を膨らませて思い描いていた通りの、なかなかの積もり具合です
 

道の駅も屋根は合掌造りです
miskg11
道の駅の切符は、ここで5駅目です。
鉄道の硬券ほどは収集欲が湧いてこないので、「道の駅へ収集旅行」とまではいきませんが、旅の記念に購入するのは悪くないです。


道の駅 はにゅう

昨日一昨日の記事の会津鉄道の2駅は、1泊2日のドライブの2日目に寄りました。
2日目は山形蔵王から所沢までの、一般道主体のロングドライブだったので
トイレ休憩で道の駅にも寄りました。

寄ったのは地元埼玉県に入ってスグの「はにゅう」です。
mh1
mh2
私は埼玉県民ですが、"ムジナもんファミリー"が何のキャラなのかは知りません

道の駅のきっぷは、これで4駅目となります。
値段は今まで買った3駅より20円高くなっています。

地元埼玉の道の駅のきっぷは大滝温泉以来、2駅目です。
芦ヶ久保など、自宅からスグに行ける所にも道の駅のきっぷがあるようですが、鉄道の硬券入場券ほど収集に熱が入らないのは
私がD型券は好物ではない為です。

静岡県の富士市に"まちの駅のきっぷ"というのがあるそうです。
そちらはB型硬券なので
とてもそそられています 

道の駅 かでな

2日連続で鉄道から離れた記事となります。
沖縄旅行ではもう一箇所、道の駅のきっぷを買いました。
mkd1
mkd2
海中道路で離島ドライブを楽しんだ後、西海岸のホテルに戻る途中に
家族の承諾を得てチョットだけ遠回りして寄ってきました。

沖縄県内の現行発売箇所は、昨日記事にした「いとまん」と、ここ「かでな」の2箇所のみとなります。
「道の駅いとまん」には電動の日付印字器がありましたが、こちらは手動でした。

券の裏面にあるように、この道の駅は米軍基地に隣接しています。
屋上から基地の滑走路が一望でき、飛行機好きの方々がデカいカメラを構えていました。

我々も眺めの良い屋上で休憩しましたが、妻も子も軍用機には興味ないようで、売店で買ったチープな氷菓子を食べ終えるとすぐに駐車場に向かいました。
よって、飛行機の離発着は見ていません。
鉄道コム
記事検索
メッセ-ジ
最新コメント


c2011-2013厚紙散歩・haruka f