厚紙散歩

集めた硬券入場券をアップします

中小 山形

山形鉄道 荒砥

平成5年5月19日に現地で購入しました。
arat01
arat02
印刷の掠れ具合が好ましいB型券です。
以前、宮内駅の記事でも書きましたが、改札鋏の鋏痕が大きい気がします。

ウェブの発達していなかったこの頃は、常備硬券入場券の発売状況の把握が難しかったので、この時は山形鉄道を2日かけてローラー作戦で攻めました

そして荒砥から3駅目の蚕桑駅では簡易委託発売を行っていました。
arat03
arat04
硬券入場券の発売は無く、代わりに買った硬券乗車券です。
今、Wikipediaを見たら、これを買った翌年の平成6年4月1日で蚕桑駅の簡易委託発売は終了と記されています。

山形鉄道 宮内

平成5年5月18日に現地で購入しました。
muc1
muc2
表面に光沢のある、オリジナル地紋のB型券です。
山形鉄道は、改札鋏の鋏痕が、他の鉄道会社よりも大きい気がします。


実際に使用した乗車券が手元に残っています。
muc3
muc4
矢印式のB型券です。
JRの乗車券を模したと思われる、社名の頭文字の「山」の字を四角く囲んだ記号がご愛嬌です

宮内駅は後の平成10年に無人化されてしまいましたが、さらに後の平成22年に再有人化されて現在に至っています。
人づての情報では、今は硬券は乗車券のみの発売で、日付印字はゴム印だそうです。
鉄道コム
記事検索
メッセ-ジ
最新コメント


c2011-2013厚紙散歩・haruka f